氣。

気功

氣を受けていると心地よい眠りと似た感覚になります。

それは、よく眠れたときの朝の目覚めの感じと似ていて、ふわふわ~という感覚です。

このような状態は、体を健康に保とうとする自律神経の副交感神経が優位になっています。

副交感神経が優位になると、血管が緩み血圧が低下し、リラックスした状態になります。

氣の体感は、8割から9割の方は感じることができます。

氣は、元々人に備わっていますが、ただその感じ方を知らないだけです。

なので、ちょっとした説明と私が氣を送るだけですぐに体感できるようになります。

また、「気功」と聞くと、それを得たいの知れないものなので不安になりがちですが、知ってしまえば不安はなくなります。

気は、空気の存在と同じです。

目に見えない空気の存在を知っているか、知っていないかと似ています。

例えば、洞窟に入っただけで亡くなってしまう事故があります。

これは、洞窟内に体に悪い無臭のガスが充満していて、それを吸ったために死にます。

毒ガスの知識がなければ、死んだ原因は、

「洞窟に住んでいる神様を怒らせた!」

「悪霊の仕業に違いない!」

と思うところです。

ですが、知識があるだけで不安は解消され、不思議でもなくなります。

ただ、現在の科学では気を立証できてはいません。

磁気でもなく、赤外線でもないようです。

酸素と同じで時期がくれば、解明されるかもしれません。

100聞は1見にしかず。

1見よりも体感が一番です。

※現在、気の体感は、来院された方全員にお話ししておりません。

「氣」を感じれる体質であった方が、健康に役立つので知っておいた方がお得だと思いますが、お客様の方から「気」に対して話された場合のみ説明や体感頂いてます。

気のめぐりが悪い方に私が感じるのは

「重い」、「曇っている」、「停滞している」

というような違和感です。

気のめぐりが悪い方への施術は、別料金をいただくことがありません。

通常施術の範囲内でおこなっています。

また、氣に関する物販もおこなっていませんので、ご安心ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました