緊張型頭痛

痛み方

「締め付けられるような」痛み

主な症状は、「頭全体を何かでキツく締めつけられるような継続的な痛み」です。

緊張型頭痛は、頭痛といっしょに他の症状を感じることが多いです。

最も多いのが「肩や首筋のこり」。

そのほかに「目の疲れ」、「だるさ」、「疲労感」、「フワフワしためまい」などがあります。

原因

「首や頭の筋肉の血行障害」

緊張型頭痛は、肩や首、後頭部の筋肉が収縮して硬くなって起こり、筋肉の間を通る神経や血管を圧迫されて痛みがおこります。

このコリの大きな原因は、肉体的ストレスですです。

発症時期

発症の比率に、男女差はありません。

年齢的には比較的中高年に多くなります。

成人になると、家事や仕事でやらざるをえない不良姿勢が多くなるためだと思われます。

また、慢性頭痛の約70%が緊張型頭痛という報告があります。

誘因

ストレス

仕事や家庭でのトラブル、対人関係など、不安やうつの状態が長く続くとストレスがたまり神経や筋肉の緊張が高まります。

同じ姿勢を続けて肩や首、後頭部の筋肉が硬くなると、 血管が圧迫され血流が悪くなり、筋肉に疲労物質がたまり痛みが発生します。

また、長年、猫背をしている骨格が猫背を保つような癖になり、姿勢を正そうとしても正しきれなくなってきます。

脳は、その悪い姿勢を正しい位置に戻そうと常に筋肉をつづけます。

そうすると筋肉疲労がおこるために老廃物が蓄積し、疲労感や痛みを感じやすい体になってしまいます。

予防法

仕事の合間には、お茶を飲んだり気分転換をする時間をもちましょう。

また、1日の終わりには、ゆっくりお湯につかる、マッサージをするなど、くつろいで自分なりのストレス解消法をもつよう心がけてください。

首や肩のこりの解消には、首を支える筋肉だけでなく、歪みを補正できるように腹筋や背筋の強化もポイントです。

ウォーキングやスイミングが効果的です。
仕事の合い間に行うちょっとした柔軟体操や軽い運動も予防の効果があります。

発症頻度

毎日連続的におこる持続性の頭痛です。

日常生活に支障がでるほど強烈な痛みは少ないものの

肩こりや疲労感、目の疲れをともなう頭痛です。

慢性頭痛の発症頻度

→ 緊張型頭痛を自分で治すには

→ 緊張型頭痛に不思議整体がすること

コメント