筋膜とは

筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

人の筋膜は生々しいので鳥肉をご覧ください。

その筋膜は、以下の透明な部分になります。

この筋膜の役割は、

①筋肉どうしの摩擦を減らす。

②筋力の増強。

があります。

①筋肉どうしの摩擦を減らす。

さきほどの鳥の筋膜を見てイメージしてほしいのですが、皮膚のあそび(皮膚をつまんだ時に皮膚が大きく動く)は、筋肉の繊維と皮膚の間に筋膜があることで可能になります。

これは筋肉どうしでも同じことが言えます。

例えば、下図の太ももの断面を見ると皮膚という袋のなかに、屈曲、伸展、外転、内転、外旋、内旋という別々の働きをする筋肉がたくさん詰まってます。

太ももの前には、膝を伸ばす筋肉。

後ろには、膝を曲げる筋肉。

内側には、股関節を内転(内側に曲げる)する筋肉。

外側には、股関節を外転(外側に曲げる)する筋肉。

この皮膚のなかで別々の働きをする筋肉が伸びたり縮んだりして関節を動かします。

もし筋膜(上図の赤いライン)がなければ別な働きをする筋肉がこすれあうために抵抗が生じ関節を効率的に動かすことができません。

体を動かしやすくするために筋膜は存在しています。

②筋力の増強

筋肉は何か重いものをもったり、関節を動かすためにあります。

その筋肉が働くとは、筋繊維が収縮して太くなることです。

ボディービルダーは、筋肉に力をいれて体を大きく見せますよね。

さきほどの太ももの断面図をみてほしいのですが、皮膚の中にたくさんの筋肉が入っています。

大腿断面
大腿断面

この際に、周囲の筋肉も同じように硬くなれば主に作用する筋肉の容積が狭くなり、周囲の筋肉が硬くならないときに比べて筋力が発揮できます。

さきほどの摩擦を減らして効率よく体を動かすのとは、別な方法で筋膜は役にたっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました