群発頭痛

群発頭痛は、脳腫瘍や脳出血などの原因がない頭痛の中で最も激しい頭痛と言われています。

20~40歳代の働き盛りに多く、連日続き、しかも深夜におこりやすい。

また、1年で決まった時期に、また1日のうちでも決まった時間に激しい頭痛が起こることから群発頭痛と呼ばれています。

痛み方

「首すじや目の奥をえぐられるような激しい痛み。」

群発頭痛が起こっている時は、いてもたってもいられないような痛みで、部屋の中をうろうろしたり、その痛みから時には激しく壁に頭をぶちつけたり、のたうちまわるなどの激しい行動を伴うことが多い。

原因

「体内時計の狂いが原因?」

群発頭痛は片頭痛と同じように頭部の血管の拡張と炎症に関係しているとされていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

脳の視床下部の体内時計に乱れが生じることで首の動脈を取り巻く三叉神経に誤って痛みの情報が送られるのではないか、と考えられています。

頻度

1~2ケ月間にわたり、毎日決まった時間に1~2時間、激しい頭痛がおこる。

持続時間は15分から180分で持続時間はほぼ一定。

1日に1回~8回程度おこる。

誘因

「アルコールは厳禁」

群発頭痛がでている間にアルコールを飲むと頭痛が悪化します。

アルコールで血管が拡張して痛みに繋がるので。痛みをごまかそうと酒を飲むのは厳禁です。

また、群発頭痛患者には喫煙者が多いことからタバコは止めたほうがいいと言われていますが、定かではありません。

ただ、吸う事で悪化するのなら禁煙の努力をしましょう。

「気圧の変化」

急激な気圧の変化、時差などで頭痛を誘発する傾向にあるので、飛行機に載る際は、前もって体を休めるようにしてください。

また、台風や天気が悪いときも影響を受ける場合があります。

このような変化に対して群発頭痛がおこるのは、主にストレス値が許容値をオーバーしているために、何かしらの変化に対して体が対応できないからと思われます。

このようなことからストレスを貯めこまないことが大切になります。

予防法

「ストレスレスと規則正しい生活」

頭痛が起こっている間(群発期)は規則正しい生活を送ることが大切です。

早めに眠り、寝不足による集中力低下を防ぎましょう。

頭痛がある時には血管拡張を抑えるためにもお風呂は、シャワーをすすめます。

群発頭痛の診断基準

群発頭痛の診断基準(国際頭痛分類第2版)

A. B~D を満たす発作が5 回以上ある

B. 未治療で一側性の重度~極めて重度の頭痛が、眼窩部、眼窩上部または側頭部のいずれか1 つ以上の部位

   に、15~180 分間持続する

C. 頭痛と同側に少なくとも以下の1 項目を伴う
   1.結膜充血または流涙(あるいはその両方)
   2.鼻閉または鼻漏(あるいはその両方)
   3.眼瞼浮腫
   4.前頭部および顔面の発汗
   5.縮瞳または眼瞼下垂(あるいはその両方)
   6.落ち着きがない、あるいは興奮した様子

D. 発作頻度は1 回/2 日~8 回/日である

E. その他の疾患によらない

以上、一般法人頭痛学会より抜粋。

不思議整体で出来ること

群発頭痛は、片頭痛と同じように血管の拡張が原因と言われています。

片頭痛と同じように、自律神経の乱れによって血管の拡張が起こりますが、片頭痛との違いは乱れた部位の違いです。

群発頭痛は、体内時計の狂いが生じて首の動脈の血管が拡張しすぎて痛みがでます。

片頭痛は、ホルモンバランスの崩れによって目の奥や頭の血管が拡張しすぎて痛みになります。

どちらもストレスの許容オーバーによって自律神経の乱れが原因です。

このような不確定な要素から頭痛の種類が変わっていきますが、女性は生理があるためにその周期によって女性ホルモンの分泌が変わります。

生理の過程で女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンの分泌が減ると、脳内のセロトニンが減少しますが、セロトニンは血管収縮のコントロールや痛みの抑制作用を持つためにセロトニンが減ると痛みに過敏な状態になりやすく、頭痛がおこりやすいと考えられています。

群発頭痛は、

そのために当院での群発頭痛に行う整体は、片頭痛と同じ方法をとります。

ただ、群発頭痛の場合には、気が狂いそうな痛みが生じ一刻も早くその痛みをどうにかしたいという思いが強いと思います。

群発頭痛による激痛がでている時にそれを素早く抑えるには整体より病院で抑える方法もあります。

こちらは、酸素吸入やトリプトファンの皮下注射が効果があると言われています。

群発頭痛は、予防することが大切ですが、激痛を耐えるのもかなりのストレスです。

無理して我慢せず、病院での対処もおススメします。

群発頭痛を再発させない為に当院では、主に身体的ストレスと精神的ストレスの減少を目的とする整体を行います。

脳は、体におこる全ての負担の処理を行っているところです。

その負担は、ストレスと呼ばれます。

ストレスは、精神的なもの以外にも病的、科学的、身体的などにわかれ精神的ストレスだけではありません。

脳へのストレスはこれらの総合的な負担をいいます。

そのストレスは、休息が十分にとれていれば脳が処理を行い異常をおこすことはまれです。

ですが、蓄積したストレスがご自身の許容値を越えてしまった時に体にさらにストレスが加わったり、休息が少なくストレスを解消できなければ、何かしらの異変が体に表れてきます。

よく言われるのは、胃への負担があります。

群発頭痛の場合には、脳の働きの一つである自律神経に異常がおこり体内時計が乱れて首の血管拡張がおこり炎症をおこすことにあります。

当院では、この炎症による頭部の興奮状態を抑えるために頭蓋気功や整体をもちいます。

気功には興奮状態を落ち着かせる効果があります。

また、身体的ストレスとは、筋肉のコリ、骨格の歪み、疲労ですが、これらは多圧法やゆらぎ、特殊整体、カイロプラクティックの技術をもちいて減らしていきます。

整体効果は、コチラのサイトとは別に当院のホームページがありますので、下記をクリックしてご覧ください。

不思議整体のお客様の声

不思議整体のビフォーアフター

当院が行う精神的ストレスの解消法は、定期的に配布しているニュースレターで行います。

精神的なストレスとは、怒りや不安、悲しみ、悔しさ、妬みなどの感情です。

それらに対して惑わされない心があれば精神的ストレスを減らすことができます。

「病は気から」ということわざもあるように、昔から心と病は結びついていると伝えられています。

そのような心の病の解決法を定期的にニュースレターを読んで頂いて負担を減らせる助けになっていただければと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました