片頭痛

片頭痛の治し方 比率
どのような痛みか?

「ズキンズキン」

と脈打つ痛み。

頭の片側に、こめかみから目にかけて脈打つように痛む。

これが典型的な特徴ですが、片側ではなく、両側や後頭部まで痛む場合もあります。

症状を持っている2割ほどの方に「閃輝暗点」という前兆がでる方もいます。

これは、視野の中心にチカチカした光の点やギザギザした線が現れるというものです。

痛む理由

頭や発痛部位周辺の血管が拡張しすぎて痛みます。

血管が広がると血液の流れがよくなって、痛みがやわらぎそうなのですが、ホルモン分泌の異常で血管が広がりすぎるのが問題です。

これは脳内の血管の収縮や拡張にかかわっている「セロトニン」という神経伝達物質ホルモンが減少したり、十分働かなくなることで血管が拡張しすぎてしまい、それが炎症となって痛みがます。

また、セロトニンは、脳の血管の回りを取り巻く三叉神経をコントロールする働きもあり、これも片頭痛にかかわっていると考えられています。

片頭痛_セロトニンと三叉神経。

片頭痛の発症時期

慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)のうち約25%は片頭痛です。

片頭痛は、比較的若い女性に多く見られ、女性の方が男性の3倍も片頭痛で苦しんでいます。

発症頻度

月に1~2回、多い時には週に1~2回の割合で繰り返し起き、一旦痛み出すと数時間から3日間ほど、動けないほどの激しい痛みをともなう発作性の頭痛です。

不思議整体ができること

片頭痛は、不規則な生活習慣でストレスがたまり、些細なストレスでも脳の許容値を越えてしまって、 脳の働きの一つである自立神経であるホルモンバランスの調整がうまくできずに血管拡張がおこり炎症によって痛みがでます。

当院では、この炎症による頭部の興奮状態を抑えるために頭蓋気功をもちいます。

頭蓋気功を3~5分も当てれば興奮も落ち着いて楽になってきます。

また、精神的肉体疲労だけじゃなく、筋肉のコリ、骨格の歪みもストレスとなります。

これらの蓄積も脳の許容値を越えるひとつの要因です。

当院の整体では、いうまでもなくこれらは、専門分野です。

筋肉のコリや骨格の歪みがなぜストレスになるのか?

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました