群発頭痛

痛み方

えぐられるような痛み

首すじや目の奥をえぐられるような激しい痛み。

群発頭痛が起こっている時は、じっとしてられないくらいの痛みです。

部屋の中をうろうろしたり、時には激しく壁に頭をぶちつけたり、のたうちまわるなどの激しい行動を伴うことが多い。

原因

体内時計の狂いが原因?
群発頭痛は片頭痛と同じようにで頭部の血管の拡張と炎症に関係しているとされていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていません。

脳の視床下部の体内時計に乱れが生じ、その情報が視床下部から首の動脈を取り巻く三叉神経に伝わり、誤って痛みの情報として炎症物質を放出する、と考えられています。

発症頻度

期間限定

1~2ケ月間にわたり、毎日決まった時間に1~2時間じっとしてられない激しい頭痛がおこる。

持続時間は15分から180分で持続時間はほぼ一定。

一日1回~8回程度おこります。

原因

アルコール

群発頭痛が現れている間にアルコールを飲むと頭痛が悪化します。

酒を飲んでごまかそうとするのは厳禁。

 

タバコ

群発頭痛患者には喫煙者がたくさんいます。

アルコールで血管が拡張して痛みに繋がります。

気圧の変化

急激な気圧の変化、時差などで頭痛を誘発する傾向にあるので、飛行機に載る際は、前もって体を休めるようにしてください。

また、台風や天気が悪いときも影響されるので、前もって天気がわかるような場合にも、疲労でストレスががたまっていそうなら天気が悪くなる前に体を休めてください。

予防法

規則正しい生活

頭痛が起こっている間(群発期)は規則正しい生活を送ることが大切です。

早めに眠り、寝不足による集中力低下を防ぎましょう。

頭痛がある時には血管拡張を抑えるためにもシャワーをすすめます。

コリや歪みの肉体的ストレスや精神的ストレスを日頃から抑えるケアを心がけてください。

コメント