片頭痛に不思議整体がすること

片頭痛の原因は、未だ解明されていません。

ですが、片頭痛の多くの方と接してきて思うところがあります。

片頭痛は、不規則な生活習慣や人付き合いの疲れなどから色々なストレスがたまり、そのストレスが脳の許容値を越えてしまって起こるのではないかと思います。

脳の働きの一つである自立神経の調整がうまくできずに体が興奮状態になって炎症が起こり痛みがでます。

また、目の奥の痛みがある場合ですが、目の中に入っている液と背骨の中に入っている液は循環しています。

骨格(特に首の一番上の骨と骨盤)が歪むと、この循環を妨げます。

そして循環が悪くなると眼圧が高くなり、目の痛みへ繋がるので、それを正すことで痛みがなくなります。

この興奮状態を抑えるために頭にのぼった気を抑えるために頭蓋気功をもちいます。

頭蓋気功を3~5分も当てれば興奮も落ち着いて楽になってきます。

この循環を妨げる大きな要因は、先ほどの二つです

一つは、頭蓋骨と首の一番上のアトラスと呼ばれる骨の歪み。

二つ目は骨盤の歪みです。

①頭蓋骨とアトラスの位置がずれると脊髄液がおさまっている脊柱管が狭まります。

②歩行や呼吸によって骨盤と頭蓋骨は連動して動き脊髄液の循環がおきますが、骨盤が歪むと動きが少なくなり、循環が悪くなります。

コメント